ニーサ(NISA)の由来とは

ニーサ(NISA)とは、2014年から日本で始まった少額投資非課税制度の事です。もう少し噛み砕いて言い換えると、ある条件を満たす株や投資信託などの運用で得られた理益や配当金が非課税になる制度です。その条件とは、投資の原資が最大100万円までであるという事です。この条件を満たしたNISA口座を開設して株式への投資や投信を行えば、得られた利益や配当金が非課税となります。通常の取引であれば、2014年からは20%程度の税金がかかりますので、投資家にとって大変大きなメリットになります。より具体的に述べると、例えば、100万円の元手で株式や投信の運用を行い80万円の利益が出たとします。もし、ニーサの制度を使わなかったとすると80万円の20%である16万円が税金として徴収されます。これがゼロになりますので、大変魅力的な制度である事が分かると思います。この様に、ニーサの制度は株取引や投信からの利益への課税額をゼロにしてくれる大きなメリットが受けられる制度ですが、この制度を知らない人はこの恩恵に預かれません。これから株取引や投信を始める方はもちろん、現在すでにこれらの投資を始めている方も、十分にその仕組や手続きについて知っておく必要があります。この画期的な制度は、イギリスがその発祥地です。イギリスでは、Individual Savings Account(ISA)、直訳すると個人貯蓄口座と呼ばれる、国内に居住する人が少額の投資について非課税制度とする制度があります。このISAは、世界的にも大変有名な制度で、多くのイギリス居住者が投資に興味を持つ契機となり大成功しています。ニーサは、この制度を日本でも多くの人に利用してもらえる為、日本版(N)ISAという事で付けられた愛称です。

ニーサってなに?
投資顧問ランキング -口コミ・評判で投資顧問を徹底比較-
仕手株ツウ御用達!!銘柄選びガイド
株で失敗する人・成功する人の詳細