ニーサで検討する設備投資のワールドリートとは

ワールドリートは世界中の投資用不動産を選んで運用する投資信託です。設備投資という面においては安定した収益を期待することができるもので、長期保有には最適です。そこでニーサを利用することによって、さらにお得に資産運用ができるようになります。ニーサの口座であれば、投資信託も毎年100万円までの購入であれば、売却や配当によって得られる利益に対して税金の控除を受けることができるわけです。最長で5年間は控除となる上に毎年その控除枠は100万円ずつ増えていきます。つまりワールドリートも毎年100万円までは非課税枠で増やしていけることになります。また設備投資という性質上、安定した需要があることから相場の動きに合わせて細かな上下動はあるとしても、長期にわたると成長を続けると見られるものです。つまり一時的な下げ相場であれば、購入単価を下げる好機となって買い増しすることもできるわけです。このようにニーサならではの購入方法を考えることができるのも特徴となります。さらにワールドリートであれば世界中の不動産が対象となるために、空室による賃料リスクを分散させることが可能となります。設備投資が盛んな国における比重を増やすことにより、利益率を高めることができるわけです。また銘柄の組み替えに応じて購入したり売却することも可能となりますが、そのタイミングもニーサの仕組みを利用して有利に行うことが可能となります。万が一売却によって価格の下落による損失を計上したとしても、最大3年間は繰り越しすることができます。後に発生する売却利益と相殺することができるわけです。もちろんこれらはすべてニーサ口座における取引に限定されるものとなります。