ニーサと株価や2ちゃんねるの信頼度

ニーサと呼ばれる制度がありますが、これは通常の投資用口座で投資をすると税負担を課せられるところを、非課税で運用することができるというものです。ニーサで運用できるのは、投資信託や上場株式、REITやETFがあります。この他の金融商品は対象外です。
通常では、保有する金融商品を売却した時に、売却益が発生すると、その利益に対して20%の税負担が発生します。ニーサではこの税負担がありません。また、分配金に対しても同じく税負担を強いられますが、これに関しても非課税になります。
よい面ばかりが目立つニーサではありますが、5年間という期限が定められており、それ以降は強制的に売却するか、ニーサの残りの枠で再び運用するか、他の口座へ移管しなければなりません。
他の口座へ移管すると、そのまま金融商品を保有することができるものの、移管時点の株価がスタートになり、売却益が発生した時に税金がかかりますので、初めから課税口座で運用した場合よりも、税負担が多くなる可能性があります。
ニーサや株価に関しての話は、2ちゃんねるで情報収集をするのもおすすめです。普通では分からないような、ニーサの問題点などを2ちゃんねるで議論されていることが多々ありますので、勉強になるでしょう。
しかし、2ちゃんねるの情報を鵜呑みにしないことも重要です。嘘や個人の適当な考えを書き込んでいるケースが大半ですので、それを信じて資産運用をすると痛い目にあいます。株価に関しては、誰にも予想がつかず、多くの投資家が頭を悩ませていることです。基本的な資産運用の知識をまずは覚え、自分なりの投資スタイルを確立するようにしましょう。
また、ニーサの制度は今後変更される可能性もありますので、注意が必要です。